TOP > 活用方法

活用方法

ハルシックイは粘着シートになっており、接触感染が懸念される場所にピタッと貼るだけで施工完了。
どこでも、誰でも、気軽に、ウイルスの感染対策ができます。

シーン1. ドアノブへのウイルスの付着が気になるとき

家族のだれもが毎日触れるドアノブは、菌やウイルスの付着しやすい場所です。付着した菌やウイルスは感染力を失わないまま何時間も残存し、接触感染の一因になる可能性もあります。
何度も触れるドアノブに、簡単に貼れるタイプの「シックインテープ」がおすすめです。抗菌・抗ウイルス機能のある漆喰によって、ウイルスの活動を低減させます。

シーン2. クローゼットの湿気が気になるとき

クローゼットのなかは、湿気のこもりやすい場所です。特に梅雨時期はしっかり換気をしないと、お気に入りの服にカビが生えるといったトラブルも。漆喰パワーを利用した「シックインハンガー」なら、漆喰が余分な湿気を吸水し、カビの生えにくい環境を作ります。気になるニオイも吸収するので、一石二鳥です。

シーン3. マスクへのウイルスの付着が気になるとき

マスクの表面にはウイルスや菌が付着しています。マスクを外すときに表面を触れ、その手で無意識に目や鼻を触れると、ウイルスや菌に感染するリスクを高めてしまいます。
マスクカバー専用商品「シックインマスクカバー」を、マスクの表面に貼ることで、ウイルスの活動を低減。圧迫感や息苦しさもなく安心してお使いいただけます。

シーン4. 靴のにおいが気になるとき

靴を脱いだときや、シューズボックスを開けたときに、不快なニオイを感じることはありませんか?足や靴に付着した雑菌が足裏から生じる汗などで繁殖し、不快なニオイを放つのです。
ハルシックイを靴のなかやシューズボックスのなかに貼ることで、雑菌の臭いや湿気を吸着。ニオイの原因を抑えてくれます。

シーン5. 車のにおいや湿気が気になるとき

長時間のドライブ中に、車内で飲食した食べ物のニオイが気になる…といった経験はありませんか?車内用の漆喰シート「シックインミニ」を取り付ければ、気になるニオイの原因物質を吸着して、きれいな状態に戻せます。

シーン6. 手すりへのウイルスの付着が気になるとき

階段の手すりも、家族みんなの手が触れる場所。そして、菌やウイルスの付着しやすい場所でもあります。付着した菌やウイルスは何時間も残存し、接触感染の一因になる可能性も。
簡単に貼れるタイプの「シックインテープ」で、しっかり感染対策を施しましょう。また、後で剥がせるのも、ハルシックイの特徴です。

シーン7. 電源スイッチへのウイルスの付着が気になるとき

電源スイッチも、みんなが触れる場所だから、感染対策をしたい場所の一つです。
ハルシックイは、切ったり曲げたりできる漆喰シートですから、電源スイッチの形にあわせて貼ることも可能です。

5分でウイルス99.9%低減*

漆喰の特徴により安全でありながら、抗菌・抗ウイルスを実現。
「貼る」「切る」「抜く」自由自在なので、ご家庭のウイルス対策に幅広くご利用いただけます。

こんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか?

こんなところに使えます!

こんなところに使えます!